お気軽にお問い合わせください!

\窓のプロに直接相談!/

0120-53-1347

電話で相談

[受付]9:00-17:00 [定休]日曜日

[受付]9:00-17:00 [定休]日曜日 メールは24時間受付中!

blog

【部分断熱リフォームとは】特徴や施工箇所をご紹介します

  • リフォームコラム


夏は涼しく、冬は暖かい、そんな家に憧れませんか?

断熱材を壁、床、屋根などに追加して、住宅の断熱性能を高めるリフォームを、断熱リフォームと呼ばれます。

断熱性能が向上することで、冬でも夏でも快適に過ごすことができ、光熱費の削減にもつながります。

断熱リフォームには全体断熱と部分断熱の2種類あります。

全体断熱では家全体を断熱リフォームしますが、部分断熱リフォームでは住宅の一部を断熱リフォームします。

居室や寝室だけ断熱リフォームする場合や、壁や床といった家屋の一部だけを断熱リフォームすることも可能です。

こちらのページでは、部分断熱の種類とメリットなどをご紹介します。

部分断熱リフォームは全体断熱リフォームより費用を抑えて、必要な箇所の断熱性能を高めることができます。

ぜひ参考にされてみてください。



断熱リフォームのメリット

断熱リフォームは、住宅の快適性や省エネ性を向上させる効果的な方法です。

では、断熱リフォームには具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。



冬は暖かく、夏は涼しい



断熱リフォームをすることで、冬は暖かく、夏は涼しく過ごすことができます。

これは、断熱材が熱を逃がさないためです。

冬は、断熱材が熱を室内に閉じ込めてくれるため、暖房を使わなくても快適に過ごすことができます。

夏は、断熱材が熱を室外へ逃がしてくれるため、冷房を使わなくても快適に過ごすことができます。



光熱費の削減



リフォームで断熱性能を高めると、室内の温度が外に逃げない、外気温の影響を受けにくいため、光熱費の削減につながります。

昨今高騰している電気代を削減できると考えると、長い目で見てコストパフォーマンスがあります。



結露の防止

断熱リフォームは結露の防止につながります。

これは、断熱材が湿気を吸収してくれるためです。

結露は、カビやダニの発生原因となります。

断熱リフォームをすることで、結露を防止し、カビやダニの発生を抑えることができます。



家の寿命の延長



断熱リフォームは断熱材が家の内部を温度差から守ってくれるので、住宅自体を長持ちさせます。

断熱リフォームをすることで、家の内部の温度差を小さくすることができ、家の劣化を防ぐことができます。



健康的な住環境の実現



断熱リフォームを通して、冬は暖かく夏は涼しい・結露が少ない住まいになると、住んでいる人の健康状態へも良い影響をもたらします。

これらの条件を満たした住環境は、健康的な生活を送るために非常に重要です。



部分断熱リフォームについて



部分断熱リフォームとは、住宅の一部に断熱材を加えるリフォームです。

壁、屋根、床、窓などに断熱材を追加することで、断熱性能を向上させます。



メリット

  • ・リフォーム費用が全体断熱と比べて安い
  • ・工期が短い
  • ・リフォームの範囲が限られるため、施工中の住人への負担が少なく済む

デメリット

  • ・全体断熱リフォームと比べると断熱性能が低い
  • ・施工した一部の範囲までしか断熱の効果が届かない



部分断熱リフォームは、全体断熱リフォームに比べて費用を抑えることができ、工期が短いというメリットがあります。

しかし、断熱性能は全体断熱リフォームに比べて劣り、断熱の範囲が限られているため、効果が限定されます。

ですので、住宅の状況や予算によってリフォームの判断が必要となります。

住宅の断熱性能が低く、光熱費が高額な場合は、全体断熱リフォームが向いてます。

住宅の断熱性能が比較的高い場合や、予算が限られている場合は、部分断熱リフォームが適しているでしょう。

部分断熱リフォームを行う住宅の箇所



壁断熱リフォームとは、住居の壁に断熱材を追加して、断熱性能を向上させるリフォームです。

壁断熱リフォームを行うことで、冬は暖かく、夏は涼しく過ごすことができ、光熱費を削減することができます。



壁断熱リフォームの種類

 ◆【吹き付け断熱】

吹き付け断熱は、断熱材を壁に吹き付ける工法です。施工が簡単で、壁の厚みを増やすことなく断熱性能を向上させることができます。



 ◆【充填断熱】

充填断熱は、断熱材を壁の空洞に充填する工法です。吹き付け断熱よりも断熱性能が高いですが、施工が難しいです。



 ◆【内張り断熱】

内張り断熱は、断熱材を壁の内側に貼る工法です。吹き付け断熱や充填断熱よりも施工が簡単ですが、断熱性能は低くなります。



屋根



屋根の断熱リフォームでは、屋根に断熱材を追加して、屋根からの熱の伝達を抑え、冬は暖かく、夏は涼しく過ごせるようにします。



屋根断熱リフォームの種類

 ◆【下葺き断熱】

下葺き断熱とは、屋根の下地となる下葺き材の上に断熱材を敷く方法です。

下葺き材とは、屋根を雨風から守る役割を果たすシート状の材料です。

下葺き断熱は、下葺き材の上に断熱材を敷くだけなので、施工が簡単で費用も安いことが特徴です。



 ◆【吹き付け断熱】

吹き付け断熱とは、屋根や壁に機械で断熱材を吹き付ける断熱工法です。ガラスウール、ロックウール、セルロースファイバーなどがあります。



吹き付け断熱は、施工が簡単で、断熱性能が高いことが特徴です。

また、断熱材が隙間なく吹き付けられるため、結露を防ぐ効果もあります。

床下



床下での断熱は、床下空間に断熱材を敷設する断熱工法も用います。

床下断熱は、冬に床下からの冷気を室内に侵入させず、夏に床下からの熱を室内に侵入させないことで、室内の温度を快適に保つ効果があります。



床下リフォームの種類

 ◆【吹き付け断熱】

吹き付け断熱とは、床下空間に断熱材を吹き付ける断熱工法です。


 ◆【敷き詰め断熱】

敷き詰め断熱とは、床下空間に断熱材を敷き詰める断熱工法です。断熱材は、グラスウール、ロックウール、セルロースファイバー、EPS断熱材、XPS断熱材などがあります。

敷き詰め断熱は、施工が簡単で、費用が安いことが特徴です。

ただし、断熱材の厚さが十分でないと、断熱効果が低下します。



 ◆【間仕切り断熱】

間仕切り断熱とは、床下空間に断熱材を敷き詰め、その上に間仕切り壁を立てることで断熱を行う方法です。床下空間を区切ることで、断熱効果を高めることができます。

また、間仕切り壁には、収納スペースや物置として利用することもできます。





窓は、住宅の熱の出入りが最も大きい箇所であるため、窓断熱リフォームを行うことで、光熱費を大幅に節約することができます。

窓断熱リフォームには、以下の方法があります。



窓リフォームの種類

 ◆【二重窓への交換】

二重窓とは、2枚の窓の間に空気の層を挟んだ窓です。冬は外からの冷気を遮り、夏は外からの熱を遮り、室内の温度を快適に保つことができます。


 ◆【窓ガラスの交換】

窓ガラスを断熱性の高いガラスに交換することで、冬は暖かく、夏は涼しく過ごせるようにすることができます。

 ◆【窓に断熱シートを貼る】

窓に断熱シートを貼ることでも、室内の温度を保てますが、二重窓や窓ガラス交換に比べると効果は低いです。

窓断熱リフォームの費用は、窓の種類や大きさ、断熱材の種類などによって異なります。

一般的に、二重窓への交換は最も費用がかかりますが、最も効果的な方法です。



窓ガラスの交換や窓に断熱シートを貼るは、二重窓への交換に比べて費用が安く、効果もそれほど高くありません。

部分断熱リフォームに適した家の間取り



部分断熱リフォームに適した家の間取りは、以下のとおりです。

南向きの窓が多い家

南向きの窓が多い家は、日光が入りやすく、断熱効果が高いため、部分断熱リフォームの効果が期待できます。

断熱材が少ない家

古い家は断熱材が少ないことが多く、冬は寒く、夏は暑いです。

部分断熱リフォームを行うことで、冬暖かい、夏涼しい家にします。

光熱費が高い家

断熱性能が低い家は、エアコンなどで快適な室温を維持する必要があり、その分光熱費が高くなります。

部分断熱リフォームを行うことで、快適な室温を維持しやすくなり、光熱費を削減することができます。

結露が多い家

結露は、室内の湿度が高くなり、室内と外気の温度差が大きくなることで発生します。

結露が発生すると、壁や天井にカビやダニが発生する原因になります。

部分断熱リフォームを行い、室内と外気の温度差を減らすことで、結露の発生を防ぎます。



お住まいの部分的な断熱リフォームについてご紹介しました。断熱材が少ない家や、断熱材が古くなって効果が薄れている住宅は部分断熱リフォームをすることで、快適な暮らしを送られるようになります。

部分断熱リフォームを行う際には、断熱材の種類や厚さ、施工方法など専門業者への相談が不可欠です。

リフォームしてから「そんなに変わらないな」「予算をかけたのに」と後悔しないよう、ぜひナガサカ建窓にご相談くださいませ。

ナガサカ建窓は特に、開口部の断熱リフォームを得意としています。

ホームページでは、窓回りのリフォーム施工事例を数多く掲載しております。ぜひこちらもご覧くださいませ。